親子の問題-その2 [家族間の問題]

「親の心、子知らず」と親は嘆き、子供は「親はわかってくれない」と嘆く・・・それぞれからよく聞こえてくる声ですが、前々回紹介した「当事者研究」の事例は、親が子供の孤独と苦悩に気が付けない、気が付いていてもどうしたら良いのかわからないまま深刻な状態に発展したケースです。子供が暴力的だ、学校に行きたがらない、この頃成績が下がってきた、と感じた時に、その子供とどう向き合うのかは、その後の子供の成長に大きく影響します。

まずは、親も完璧ではないこと、間違うことを子供の前で素直に認めて下さい。それから、
どうぞ子供たちの心の声を聴いて上げてください。
共感して上げて下さい。
慰めて上げて下さい。
褒めてめて上げてください。
親とは別の人格として理解して上げて下さい。
怒鳴ったり、殴ったりしないで下さい。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。