親子の問題-その3 [家族間の問題]

大人は、自分にとって都合の悪い事をうまく取り繕っているつもりでいますが、子供達のするどい感性はありのままをキャッチしています。親(大人)は理不尽だと知りつつも理屈をこじつけ、親(大人)の権威を守るために、その理屈を正当化し子供に押しつけます。子供は、親の理屈を素直に受け入れようとするのですが、成長するにつれ「何か変だ・・・辻つまが合わない。・・・何かが違う・・・」と感じるようになります。

さらに親は、“自分が置かれてきた事情/背景”と“子供が置かれている事情/背景”は違う事を認識できずに「自分(親)は正しい」を貫くと、子供は混乱し、消化不良を起こし、心身に色々な症状が出る、と私は考えています。2,3日前の記事で紹介した施設長さんのお話も、ベテルの当事者のお話もそれを裏付けるものでした。

光母子殺害事件のまだ若い加害者の死刑判決は正当だとする見方に、私が絶望する訳を少しかご理解いただけるでしょうか? 問題行動を起こす子共もまた被害者だからです。彼に死刑が妥当とされるまでの責任が有るとするなら、彼の両親、学校の教員、その他彼の周辺にいた大人たち、人々のそのような状況を余儀なくしている社会も、加害者(幇助?)として重く法的に罰せられるべきだ、と言いたいです。
何故彼だけがそこまでの責任を問われるのでしょう? 子供なりのSOSになす術なく無力だった社会全体の責任を、同じだけ重要に扱い、問わずして、「許し難い・死刑だ」なんて・・・、自分たちの責任を彼一人に負わせている・・・って叫びたいです。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。