子供ぴあ・め(1回目の2) [子供ぴあ・め]

IBを兼ねた自己紹介で、「好きな言葉・嫌いな言葉」を聞き合ってもらいました。「嫌いな言葉」で「死ね」というのが多くありました。子供達の間で口にされることが多いようです。話し合う場になると避けるようにその場を離れる子供達が結構いるとか、その日も女の子達がたくさん出て行ってしまいました。“またその話、言うことはわかってる”・・・私的には、大人達の「命は大切だ」系の説教めいた話にもう飽きあきしているのではないか、と感じています。「大人の話は薄っぺらで上辺だけ」と見抜かれているのではないでしょうか? 子供は大人の背中をよく見ています。

草の根的には、子供ぴあ・めワークショップを通して、子供達に
なぜ人に「死ね」というのか考えてみてもらいたい。「言われた人」や「言われている人」は「何故自分が言われるの? 自分に価値がない、と言われているように感じる」と思います。問題は「言われる人」にあるんじゃなくて、むしろ「言う人」に深刻な事情があること、その人が内に抱える苦しみを「死ね」と言う言葉に置き換えて吐き出していること、そのあたりを理解することができれば、言われても重たく背負わなくてもよくて、気持ちが楽になるし、その反映(reflection)で言う人も減るのでは・・・、 ・・・減って欲しいと願っています。

子供ぴあ・め(1回目の1) [子供ぴあ・め]

一回目の報告をしていなかったようです。順序が逆ですが、今日は1回目の報告その1です。

 持ち時間ほぼ1時間の前半、近くの大学の学生さん達に役者になってもらい、寸劇「有る朝のできごと」A太とB介のいさかい、を見てもらいました。学生さん達がとてもよく協力してくださり、年齢的にも圧倒的に子供達に近くて、私的にはとても良かったです。ところが、後半、子供達に2グループに分かれてもらい、「どんな気持ち?どうしたらいい?何ができる?」の話し合いに移ってからがちょっと・・・。「できごと」とは些細なことで口喧嘩が始まりA太のシャツがB介に引っ張られて破れる・・・という事件です。 

多々あった反省点・改善点を大まかにまとめるなら、

些細ないざこざで破れてしまったA太のシャツについて、A太にとっては「ボロくても大切なシャツ。お母さんに怒られる。」だったのに、講師(私)の個人的な事情、劇に使ったシャツは「雑巾にするつもりだったシャツなので、どうなってもいい」の思いがワークショップに入り混じって子供達に伝わってしまったこと。つまり、キーとなるA太の『気持ち』をなおざりにした事。「A太の『気持ち』を汲みあげて何ができるか」の言葉かけをしてから、オプションの自由発想に繋げるとベストでした。

協力してもらった方々に事前にメディエーションについてちゃんと理解してもらう事をしなかった・・・事前打ち合わせが間に合っていなかった。 

今回の反省を次回の機会に繋げていきたい・・・繋げていける機会がありますように。 


子供ぴあ・め [子供ぴあ・め]

子供ぴあ・め(peer mediation)ワークショップ2回目やりました。テーマはブレイン・ストーミング。一回目の「紹介編」は反省点改善点多々ありでした。今回の参加者は前回に比べかなり少数だったけれど、草の根的ワークショップにはなったかな~・・・。自分を自由に解放してもらうのが目的の「お絵かき」を楽しんでもらえたようです。良かったです。用意したシート全部に描いてくれました。たくさん来ても困らないようにとたくさん持っていって良かったです。 

いつもしわ寄せを受けるのは弱者。特に将来を担ってくれるはずの子供達が置かれている状況には深刻なものがあります。心を閉ざすどころではなくて誰も入って来ないように「しっかり戸締り」しているように見えました。ここでも、メディエーションの本題に入る前に自己認知、自己肯定(self-esteem, assertiveness)の必要性を切に感じました。大人に比べ、そのガラスの心は遙かに薄く、すでにひびが入りまくっている、今にも粉々に砕け散りそうな子供たちに、どう手を差し伸べるのか、とても難しいですが取り組まなければいけない重要な課題です。

子供たちに「家族や友達、ご近所さん、本来ならお互いに大切に思うような関係の人達が、何故かけんかに・・・、憎しみあう・・・、そういう人々の争いの間に入り、また良い関係に戻れるようお手伝いをする仕事、市民活動をしている」と自己紹介しました。我ながら,はっと気がつくものがありました。

人々の内面に押し込められてきたストレスや心の叫びが病んだ状態で表面に浮上しつつある今、虐待行為に走る親、人との直接的な接触を避けて引きこもる若者など、人との関わりで問題を抱えている人達に、問題にいち早く気が付くはずであろう人々(市民)の意識に、もっと強く働きかけるような活動が必要だ、とずっと自分が思っていた、ということにです。

本当なら愛おしみあう関係の親と子。親は子供を虐待し、子供は親を憎む、その憎しみは歪んだ形で、自分または他者(社会)に向けられるようになる・・・。本当に悲しいことです。「良い関係を取り戻してほしい・・・」そこに私の草の根的メディエーション活動の原点がありました。


合意形成研究会 [研究会/学会参加報告]

「サステナブル(sustainable)なアムステルダム港を市民が熟議で考える」合意形成研究会特別「朝活」セミナー(8月31日)に参加しました。 URLこちら

港湾都市として長い歴史を持つアムステルダム港湾をどう整備するのか2040年の未来を目標に、市民とステークホルダーの参加と熟議により検討する取り組みが行われました。この取り組みを運営したアムステルダム大学政策科学学部 ジョン・グリン先生が実際にどのように取り組んだのかをお話して下さいました。:

・行政、地域住民は勿論のこと、老若男女、全ての関係者(代表)に漏れなく参加してもらい、

・1日目はフイールド・ワークで港湾地域を見学、

・2日目は経済、環境、教育(学校)、雇用等々、関係する全ての各専門家達がそれぞれの観点から考えられる利点と問題点について説明/報告,

・その後はEメールでディスカッション、という流れで進めた。

・結果として注目すべきは、進行中に人々の意識に変化が現れたこと。問題点については必ず何らかの良い解決案(Alternative)が出てきたこと。 

 “超長期的将来まで見越したサステナビリティを可能にするものは・・・”、問題や紛争が起きないように、また起きることも想定して、いかに対応するかが鍵で、その鍵は“Good for everybody”、関係者が一人も欠かすことなく同じテーブルにつき対等な立場で話合う、利益もリスクも全員でshareすることになるので全員が納得する、問題が出てきてもスムースに対応でき, 結果的に非常に良いものができる・・・、APMFで聞いたオーストラリアでの取り組みproject alliance(プロジェクト同盟)と同様の主旨でした。参考までにブログに載せたAPMFの報告記事はこちら。(今読み返してみると読みずらい文章ですが゙・・・。)