「共に生きる」を考える [草の根メディエーターの主張]

結構前になりますが、日曜の朝、久振りにテレビの前に座った時に、時事解説系/対談系の番組をやっていました。民放のあっちの局とこっちの局で語られていた言葉に「やっとここまで来たんだな~」の感慨がありました。家にいてテレビと向き合って時間を過ごす人はまだ相当数いると思います。テレビという強力なマスメディアからの発信は、人々の理解と意識に大きく影響します。 

 一つの局は、羽田のハブ空港化について。日本の各地に航空便を繋げている韓国のインチョン空港が話題に上り、対抗意識と勝ち負け姿勢の発言をするタレント司会者に、勝ち負けでは負ける者が出て、それは良い結果を生まない。韓国からの便が運んでくる観光客も日本の地方にとって大事、日本は日本で活性化できるように・・・お互いに益になるよう考えていくのが良い、のコメントが出ました。 

もう一つは今後の大国の動向と日本との関わり・・・について。今までは大国は自国のエゴで動いて来たけれど、「自己主張だけでは、自分にもマイナスの結果」「自分のエゴを通したければ、歩み寄りも必要」の世の中になっている・・・のコメント。 日本も「人が生きやすい」方向に目が向き始めたな・・・の感慨でした。

世界の中で、日本は戦後の頑張りで物質的/経済的には先進国の仲間入りを果たしましたが、その反面「人間らしさ=生きている者の証明でもる温かさ=心」を置き去りにしてしまったと感じていました。人は集団生活をする生き物です。他人なしでは生きられない生き物です。競争や戦争で他者を倒して末梢してしまっては自分自身も生きていけないこと・・・当たり前のようですが、そう意識できない社会となってきた、と感じていました。

世界の中で・・・と始めたのは、他の民主主義を唱える先進国に比べて、民主国家としての社会性という点で非常に遅れている、と感じていたからです。そのアンバランスが今の貧困問題・若者の就職難問題・苛めや自殺を生む教育現場の問題・・・等々を作り出したと、断言できると思います。民主主義国家の「自由」には「社会に対する責任」も伴うことを改めて強調したいです。


クリスマス・カード [その他]

友人に紹介されたEカード、今年はこれ。画面が出たらクマさんをクリックしてください。(見本なのでメッセージは入っていません。カードを購入、利用したい方、ホームページはこちらです。)


日本では、何故キリスト教徒でもないのにクリスマス・・・? 
私が幼少の頃、住んでいた札幌市にはケーキ屋さんはまだ2軒でした。敗戦後の貧しい日本の家庭では(うちのことですが)、お誕生日とクリスマスの時だけ、ケーキを買ってもらえました。苺の乗ったいわゆるショートケーキと呼ばれるものでそれはそれは楽しみでした。
ちゃぶ台と鍋釜、食器棚、タンス・・・最低限必要な物しかなかった家庭で、クリスマスツリーやサンタクロースに夢を馳せました。

「ホタルの墓」でもよく知られているように、戦争で肉親を失った子供たちや、多くを失って貧しい生活を余儀なくされている家庭の子供達に何か楽しみを、ということで進駐軍が紹介して広まった・・・とか聞きました。

イギリスやポルトガルで経験したクリスマスは日本のお正月に近いものでした。普段遠くにいる家族や親類が年に一度この日に集まってご馳走を囲み話に花を咲かせてお互いの無事と健康に感謝する。教会でお祈りし、晴れがましいというより厳かなお祝いでした。1月の何日かまで続きます。去年訪れたスペインでも25日を過ぎてもテレビではずっとクリスマス番組でした。

我が家では両方の折衷で、私の貧しかった子供の頃の思いも込めて、「感謝」と多くの人にとって「心が和む世の中でありますように」と願う日です。 

クリスマスバージョンにしたら活字が少し薄くなりました。ちょっと読みづらいかもしれませんがこのままいきます。) 


ご無沙汰しました。 [その他]

前回の投稿から丁度1ヶ月経ってしまいました。ご無沙汰してしまいました。
21日に今年のスケジュールが終了しました。今月はちょっと詰め過ぎ・・・案の定、ラストスパートで喉を痛め、最後の仕事、小学校での英語の授業では声を出すのが辛くてちょっと悔いが残りました。1月もありますので、その時に頑張ることにいたしましょう。

昨日22日は一日休み、今日の祭日は娘とクリスマス・ショッピング、私は娘のサンタさんです。「今年はママにもサンタさん来ないかな~」と何気につぶやいたら、娘は何か考えてくれているようです。私には、娘が受け止めてくれたことがとてもうれしくて心がふかふかになりました。 

小学校で子供たちから「サンタはいる」「いない」の論争の声が上がりました。「サンタさんは、皆さんの心の中にいます。いないと思う人にはいないし、いると思う人にはいます・・・」と大人ぶって言ってしまった後に・・・『いると思いたいけれど、現実、来てくれない子供もいるよね・・・』

他のクラスでは、先生に「イギリスのクリスマスは・・・? サンタさんはどういう子供に来るのですか?」とふられました。先生の意図は、みえみえ。勉強を頑張った子、親の言うことをよく聞く良い子、なのでしょうけれど、色々な思いが駆け巡る中、「お父さん、お母さんはみんな自分の子供が可愛いから・・・」と言ってしまって、『父母がいない子もいる? いてもとてもそうは思えない親子関係の子もいるかも・・・まずいな~』拘ることはなかったのに、の反省しきりです。

かろうじて、「勉強ができるとかできないとかは人それぞれであまり気にしない。でも、人に迷惑をかけること、つまり社会のルールを守る事にはとても厳しいです。」で締めくくり、先生もダラダラしがちな子供たちを上手にまとめて、子供達の最上の挨拶で終わりました。ふーっ。